リンパ腺炎とは?

全身にはリンパ腺が張り巡らされており、節々にはリンパ節があります。
ここはリンパ液を生産し、異物が侵入してきた時にそこで止める働きがあります。
このリンパ節が炎症を起こして腫れるのが「リンパ腺炎」です。
特に頸部やわきの下は集中しているのでリンパ腺炎で腫れることも多く、原因のほとんどは細菌感染です。

免疫機構のひとつであるリンパ球は、細菌が侵入してくると仲間を増やして攻撃します。
そうするとリンパ節は肥大し、そうした活動が炎症反応となって表れます。
また、伝染性単核球症などウイルス性のものや、鼻や喉の炎症が広がって起こることも。
他には結核・梅毒・川崎病・トキソプラズマ・サルコイドーシスなどや原因不明の壊死性リンパ腺炎などがあります。

自然に小さくなり治ることがほとんどですが、稀に傷口などから感染すると、腫れたリンパ節が痛みと発熱を伴うことがあります。
炎症が皮膚にまで及ぶと、赤くなって熱を持ち膿が溜まることも。
腫れが小さく熱を持っていない場合は自然治癒で治りますが、抗生物質などの薬も有効的です。
炎症の原因を取り除けば症状も治まりますが、ウイルス性や結核性のものには抗生剤の効果はあまり期待できないようです。

リンパ腺炎の対処法

リンパ腺炎は細菌の侵入に対し、白血球やリンパ球が戦ったという証拠でもあります。

体の自然反応でもあり、腫れても大きくならないうちは痛みもなく数日で治まります。
しかし、リンパ節で細菌との戦いが行われている最中にも扁桃腺が腫れる・口内炎ができる・皮膚に傷などがある場合には次々とリンパ節に細菌が入り続け、大きくなり痛みを伴うこともあります。
こうなると、病院で診察してもらい抗生物質を飲むなど適切な対処が必要となります。
だいたいは風邪などでリンパ腺炎を引き起こすケースが多いので、数日間で治まります。

気をつけたいのは、深刻な病気が潜んでいる場合です。
リンパ節炎だと思っていたのが、実は悪性腫瘍だったというケースは避けたいものです。
「肥大化してきた」「硬くなってきた」「数が増えてきた」などといった場合はすぐに病院で見てもらいましょう。

特にはじめは痛みを伴いませんが、大きくなるにつれ痛み、風邪でもないのに発熱が長引くような異変に気づいた時は早めの受診をおススメします。


ページトップへ

フッターメニュー

Copyright © http://lymph-joho.com/ All Rights Reserved.